メンズ

パソコンデータを復旧させたい【プロに任せる】

ハードディスクが壊れたら

会社

パソコンデータの復旧を業者に依頼する際は、機器の種類や故障時の詳しい状況をしっかり説明することが、スムーズな作業につながるでしょう。業者選びでは、繊細な機器を扱うのに必要な技術力や作業環境、さらに対応の迅速さを備えていることがポイントです。

View Detail

餅は餅屋・すぐ専門家へ

2人のレディー

確かな目でデータ守る

パソコンデータが急に取り出せなくなった、という時に頼りになるのがデータのレスキュー屋さん、パソコンデータ復旧を専門に取り扱う業者です。一言にパソコンの不調と言ってもさまざまなシチュエーションがあり、現在起きているトラブルが一体何に起因しているか、といった辺りの目利きにも復旧専門家ならではの鋭いものがあります。パソコンデータでお困りの事例が発生したときは、すぐに相談すればそれに応じたピッタリの復旧方法を提案してくれる事でしょう。データにアクセス不可能となったパソコンのおかれた状態とは大別して2つあります。それがソフト的な問題とハード的な問題です。ソフト的というのはデータを取り扱う記憶部分プログラムがパニック状態に陥っていることで、そして一方のハード的とはHDDの傷など物理的な破損が原因でパソコンデータにアクセスできない状況だと考えられます。いずれもケースバイケースなふさわしい復旧策をとる事が必要になります。

素人療法はダメ・絶対

トラブルのもとがソフト起因とハード起因のいずれだとしても、最も良くないのは闇雲に素人療法を試みることです。もし助かる見込みがあっても、その余計な一手のせいでギリギリ残った救命ロープを自ら切断してしまう結果になるかもしれません。古いテレビにしたように、ガンガン叩くといったものは最悪と言えます。例を挙げてみましょう。先の例で言うソフト起因のトラブルの場合だと、必要なデータが消えてしまったりアクセスが不可能になってしまったように見えます。つまり記憶領域の深い方、一般ユーザーが立ち入らないあたりには、コンピュータ上で使われたすべてのデータのバックアップが常に残され続ける仕組みが、予め存在しているんですね。ただしその隠しスペースは狭いため、素人療法などのほかの作業履歴が後続でやってくると、最初にあったものはトコロテン式に押し出されて、消滅してしまいます。ノウハウのある専門業者なら、いの一番に要救助スポットへ然るべき対応を行ってくれるので、データを無事に回復できる可能性がぐんと高まるのです。

物理破壊と論理破壊

パソコン

パソコンデータの破壊の原因は、物理破壊と論理破壊があります。ハードディスクが外部衝撃により物理的に損傷してしまうと、データが壊れて復旧できなくなります。しかし論理破壊の場合は、復旧ツールを利用することで回復を行うことが可能です。とはいえデータ削除操作後は他のファイルも含めて、更なる削除操作を実施しないようにしましょう。

View Detail

常にバックアップが大事

スーツの女の人

パソコンを利用する時に最も重要なのは常にバックアップをとることです。パソコンデータはハードディスクに保存されますが、ハードディスクは消耗品なのでいつかは壊れます。もし異音がしたら早急に新品と交換することです。クラッシュしたハードディスクからデータを復旧させたい時は専門の業者に依頼するのが一番です。

View Detail

Copyright© 2016 パソコンデータを復旧させたい【プロに任せる】 All Rights Reserved.